「全国クレサラ・生活再建問題対策協議会」の書籍販売

書籍一覧 > 書籍詳細 > カート  > レジ:購入者情報入力 > 入力確認 > 購入完了

 

過払金返還請求の論点徹底討論最判2007.2.13以降の最高裁判決をどう乗り越えるのか



 
書籍名 過払金返還請求の論点徹底討論最判2007.2.13以降の最高裁判決をどう乗り越えるのか
著 者 全国クレジット・サラ金問題対策協議会
発行年

2007

数量
 

 

価  格 2,000円
送 料 80円


目次
はじめに 木村達也

第1部 過払金返還請求の論点徹底討論
─ 最判2007.2.13以降の最高裁判決をどう乗り越えるか ─

1.自己紹介と現状認識
2.各論点についての議論
(1)取引履歴開示の問題
(2)43条の残された問題
(3)貸金業者による期限の利益喪失の主張について
(4)約定なき場合の利息計算につき初日を算入すべきか
(5)貸金業者は過払金発生について悪意の受益者か
(6)過払金発生後に債権譲渡等が行われた場合
(7)最高裁の流れをどうやって変えるか
(8)過払金発生後10年経過した場合の時効の成否
(9)信用保証料のみなし利息該当性
3.まとめ

第2部 重要論点の解説

第1節 取引履歴開示を巡る問題点など 小澤吉徳
第2節 貸金業法43条1項の残された問題点 岡林伸幸
第3節 貸金業者の期限の利益喪失の主張に対して 呉東正彦
第4節 貸金業者は、過払金発生につき悪意(民法704条) 宮田尚典
第5節 過払金発生後の債権譲渡・営業譲渡・会社更生等 井上 元
第6節 複数の貸付けがある場合の利息制限法による充当方法 茆原洋子
第7節 保証料はみなし利息か 宮田尚典

第3部 特別報告 ─ 最高裁の流れをどうやって変えるか 板根富規